歯のマメ知識

2020/10/21
口呼吸

マスク生活も当たり前になってきましたね。

マスクの下でもしっかりお口は閉じていますか?

どうしても息苦しくて口呼吸になりがちですよね。

ですが口呼吸は実はデメリットが多いので要注意です!

【デメリット】

?唾液の分泌が減る

唾液の分泌が減ると口の中の汚れが残りやすく、歯周病や口臭の原因につながります。

?

?ほうれい線や口のたるみがでやすくなる

口を常に開けていると、口輪筋が衰えてきます。

?

?風邪をひきやすくなる

鼻で呼吸した時のように加湿効果や菌を付着してくれることがないので、空気の汚れやウイルスがそのまま身体に取り込まれてしまいます。

?

?歯並びが悪くなる

口を閉じていないと歯がどんどん前に出て、出っ歯さんになってしまいます。

?

お口を閉じる力がどれくらいあるのか簡単に調べられる機器も導入しました!

歯並びが気になるお口ぽかんなお子様にオススメです。

コロナだけでなく、インフルエンザも流行し始める時期です。

お口を閉じて鼻で呼吸をして健康を保ちましょう!

2020/10/16
感染の窓

寒くなってきました

風邪をひきやすい季節です

また、インフルエンザやコロナの感染に注意していかないといけません

感染に注意、というと

実はむし歯も"感染"によって引き起こされるのです

生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内にはむし歯菌はありません

ところが、家族間での食器の共有などによって

むし歯菌が大人からお子さんへと感染してしまうのです

その感染が一番起きやすい時期、大体1歳半?2歳半の時期のことを

「感染の窓」といいます

この「感染の窓」の時期にご家族の口腔ケアをしっかりとすることは

お子様のむし歯予防にもつながります

むし歯0目指して家族みんなで予防に取り組んでいきましょう

2020/10/12
歯医者さんのフッ素ジェル

 

 むし歯予防の効果を上げるコツ、それは、歯みがきのあとお口のなかにフッ素(フッ化物)をのこすこと!とちょっと気になるのが、お口に残る歯みがき剤の香味です。

「好きな味でないと毎日続けるのはなぁ...」というかたのために、歯科ではさまざまなフッ素ジェルをご用意しています!

「フッ素ジェル」は、研磨剤や発泡剤を無配合、または控えめに配合し、使用後のうがいを減らせるように工夫した歯みがき剤です。口のなかにフッ素が広がりやすいという特長もあります。

 1回目の歯みがきをしたあと、もう一度歯ブラシにこのフッ素ジェルをつけて、軽く歯にのばすようにみがきます。

最後はうがいをせず、ツバをペッと吐き出すだけでOKです(うがいをしたい場合は、ペットボトルの蓋1杯分のお水で軽く1回だけします)。

 おすすめは寝る前の使用。

日中はさかんに分泌する唾液も、就寝中はぐっと減るので、フッ素が唾液で流されにくく、長くお口にとどまって働いてくれるというわけです。

 ところで、この使いかたをするには香味選びも重要です。

好きな味でないと何度もうがいをしたくなってしまいます。

そこで歯科取扱品では、薬局で見かけないさまざまな香味をご用意。お好みで選べます。

お気に入りのフッ素ジェルで、2020年のむし歯予防をグレードアップさせていきましょう!

2020/10/07
子供の歯並びについて

乳歯の頃にはきれいだったのに、永久歯が生えてきて急に歯並びが悪くなってしまったら心配ですよね。

しかし、永久歯の前歯が生えてきた頃に将来の歯並びが全て決まるわけではないので、焦らないでくださいね。

歯に対してあごのスペースが狭い時や、あごに対して永久歯が大きい時に歯並びが悪くなりますが、歯の生え替わりに合わせてあごも成長していきます。

歯並びの問題には出っ歯、受け口、開咬などもあり、それらが複合していることもあります。

お子さんの矯正治療は、あごの成長発育を視野に入れて行うことで、骨格の成長の軌道修正ができ、治療が有利に進められることが多いのです。当院では矯正のタイミングがなったらこちらからお声掛けをさせていただきますので、定期検診お待ちしております!歯並びについて気になることがありましたら相談お待ちしております。

矯正治療中は装置によっては歯磨きが難しいので、むし歯予防がとても重要になります。定期的に来院し予防の習慣を身につけていきましょう!

2020/10/03
むし歯になるのは甘いものを沢山食べるから!?

今日は飲食の仕方についてお話しします。

みなさんはむし歯になるのは甘いものを沢山食べているからだと思いますか?甘いものを控えたらむし歯にならないと思っている方。

それは間違いです!!

甘いものを控えているはずなのに、むし歯になってしまう。それは甘いものの「食べ方」に問題があるのかもしれません。

飲食後、お口の中では最近の生み出す酸や飲食物の酸により歯の成分が溶け出し(脱灰)、その後、時間をかけて唾液が成分を歯に戻していきます(再石灰化)。溶かす力が戻す力を上回る状態が長時間続くと、むし歯になります。

この時、甘いものの「量」以上に、食べる「頻度や時間」が問題となります。ひっきりなしに甘いものがお口の中にあると、唾液が歯を修復する時間が取れません。ですからのど飴を絶えず舐めていたり、ドリンクをチビチビ飲んでいたりすると、むし歯になりやすいのです。野菜ジュースやスポーツドリンクなど、ヘルシーなイメージのものにも意外に砂糖は入っているので注意して下さいね。

2020/09/29
キシリトールガムの使い方

歯の表面にあるエナメル質から、カルシウムなどが失われて起こる虫歯。

自然治癒させるために、唾液に含まれるカルシウムやミネラルが必要になります。

キシリトールは摂取されると、甘味が味覚を刺激し、唾液の分泌を促進。また、虫歯の原因となる細菌の活動を抑制します。

・噛み始めの唾液は口の中に残す

噛み始めに多く出る、キシリトールの成分。お口の中に、噛み始めの唾液が長くあるほど浸透しやすくなります。

・食後30分以内、歯磨き前に噛む

虫歯菌の活動を抑えるキシリトールを食後に摂れば、より効果が出やすいです。また、歯垢を落としやすくなるのでよりきれいに歯を磨けます

・一日に4?10gを摂取する

砂糖など多いと考えられる、キシリトールの含有量が50%未満のガム、かえって虫歯を作ってしまう可能性があります。

2020/09/28
口腔がん

今回は、口腔がんについての内容です。口腔がんは、口の中の歯以外のあらゆる場所にできるがんです。

中でも多いのは舌に出来る舌がんで、舌の側面が特に多く、続いて下の裏側や舌の先に発生します。

口腔がんは、口の中ということもあってか、発見が遅れることもしばしばあります。

口内炎から、ごく一部ですが口腔がんになるケースもあるようです。

口内炎はあくまで粘膜に起こる炎症ですが、なかなか治らない口内炎は実は要注意です。

まず、口内炎という傷が出来ると、そこで細胞分裂が起こり傷を修復しようとします。

通常、口内の粘膜は2週間ほどで再生するため、口内炎も長くても2週間ほどで治るケースが多いです。

ですが、遺伝子にエラーが発生することがあります。

それにより異常な細胞が生まれ、増殖することでがん化が起きます。そして進行すると口腔がんとなってしまいます。ただし、口内炎からがんになるケースはごく僅かです。また、がんになるまでに5年以上と長い時間をかけて進行します。

セルフチェックだけでは確認しづらい場所もあるため、定期的に歯科医院で診てもらうことも大事です。

口の中の健康状態もチェックしてみましょう。

2020/09/26
歯周病は〇〇で改善?

こんにちは。

いきなりですが、題名の〇〇の部分にはなにが入ると思いますか。

正解は禁煙です。

今回はタバコに含まれるニコチンによる作用をお話ししていきます。

まず1つ目は、血管を収縮する作用です。そのため、歯茎が炎症を起こす状態になっても出血が抑えられるので、気づかないうちに病状が進行してしまいます。

2つ目は、歯根面への付着です。歯の根が露出しているところにニコチンが着くので歯の表面の歯石やプラークを取り除く歯周治療の効果を台無しにしてしまいます。

3つ目が抵抗力の低下です。免疫機能を低下させ、歯周病への抵抗力も下がるので、間接的に歯周病を悪化させます。

このように喫煙することで、歯周病が知らないうちに悪化しているのです。逆に禁煙することで歯周病の改善だけでなく口臭の改善や発がんリスクを下げられます。まずは、1本からタバコを減らしてみませんか。

2020/09/23
歯周病がおなかの赤ちゃんに影響を与えること

妊娠すると、ホルモンバランスの変化によって歯周病になりやすいということをご存知ですか?実は、妊娠性歯肉炎という妊婦さん特有の病気があるほど、歯周病は妊娠とのつながりがあります。

妊娠中は、ホルモンバランスの変化だけでなく、つわりによる吐き気がひどくなることで、食生活が不規則になったり、歯磨きが不十分になったりして、結果的に歯肉炎のリスクが高くなります。

妊娠中に歯周病になってしまうと、影響を及ぼすのは母体だけではありません。早産や低体重児出産のように、胎児や出産に悪影響を与える可能性があります。

お腹の赤ちゃんが正常な発育のためにも、歯周病にならないように対策を行う必要があります。

歯周病を予防するためにはお口の中のケアが重要ですが、妊娠中は思うように歯を磨くことができないことから、お困りの妊婦さんは多いと思います。そのような妊娠中の方は、無理をせずに歯周病を防ぐことが大事です。

歯磨きは体調が良い時にしっかり磨くこと、

普段の歯磨きではお口の中の汚れを十分に取り除くことができないため、定期的に歯科を受診し、口腔内のケアをしましょう。

2020/09/15
虫歯

虫歯というと、「虫歯菌が歯を食べていく」イメージをお持ちの方が多いと思いますが、実は少し違います。実際は口の中の細菌が炭水化物(糖質)を食べて、その結果作り出す「酸」が歯を溶かしているのです。

「甘いものは虫歯になりやすい」というのは、糖質である砂糖が細菌の大好物で、酸をよく作るからなんですね。

でも、砂糖以外にも糖質・炭水化物は日常の食事に多く含まれています。

お米・パン・麺類など、一見甘いものではない毎日の食事でも炭水化物を摂取していますので、食べた後は歯磨きをして細菌のエサを口の中に残さないようにすることが虫歯予防に大切です。

?また、歯が酸で溶けることを「脱灰」といいます。

歯が溶ける酸の強さは決まっていて、歯の一番外側の部分(エナメル質)でpH5.5、内側の部分(象牙質)でpH6.0?6.2となっています。

つまり「歯の内側は外側より溶けやすい」のです。

「見た目小さく思えた虫歯が実は中で大きく広がっている」ことが多いのはこれが理由です。

素人目にはなかなか小さいむしばを見つけることは難しいのでみなさん検診に来てください。

  • 1

月別アーカイブ

無料メール相談

無料メール相談

このページの上へ