歯のマメ知識

2017/02/09
☆バレンタインデー☆

林です。

バレンタインデーが近づいてきましたね!

いろいろな所でチョコを多く目にします。

チョコを食べると虫歯になる、というイメージがあると思います。

もちろん歯をキレイに磨かないと虫歯になります。

なぜ、虫歯になるのか、、、

それはお口の中にいるS,mutans菌という虫歯菌が糖を食べて、酸を産生します。

その酸が歯を溶かし、虫歯になるのです。

虫歯は嫌だけど、甘い物が好きなあなた!キシリトールって知っていますか?

キシリトールは人工甘味料の一種です。

人工となってますが、自然界にも存在しますし、安全な甘味料です。

虫歯菌がキシリトールを食べると、なんと酸は産生されません!

しかも虫歯菌を弱らせるので、お口のネバネバ感も減ります!

お口の環境もキレイになるんですね!

さて、なんだか宣伝みたくなってしまって嫌なのですが、

そんなキシリトールが100%のチョコがあるって知っていますか?

P2090002.JPG

林が手に持っているのがそうです。

成田歯科医院で1080円で販売していますので、お買い求めの際は声掛けて下さい!

ちなみに林はキシリトールのタブレットのオレンジ味をよく食べています。

他にはグレープ味とミント味があります。

以上、林でした!

2017/02/03
赤ちゃんのお口

どうも林です。

だんだん花粉の季節になってきましたね。

さて、今回は赤ちゃんのお口の中について。

先日、自分の息子の口の中に『上皮真珠』があるのに気づきました。

o0480048011995271642.jpg

この写真は息子ではないのですが、同じ位置に同じ様な大きさが!

これは、歯が作られていく過程で上皮の一部が残ってしまった物なのです。

赤ちゃんにはよく見られます。

とくに異常は無いので大丈夫ですよ!

ご自身ではわからなくて心配であれば診ますので安心してください!

2017/01/27
親知らずという名前

林です。みなさんは親知らず生えていますか?

それとも埋まっていますか?

抜くと痛い、腫れるといったイメージのある親知らず。

あれ、なんで親知らずという名前なのでしょう?

親知らずが生えてくるのは、18?20歳くらいです。

その頃には親元を離れていることが多いため、親が生えてきたことを知らない。

という説があるみたいです。

また、智歯。英語でwisdom toothといいます。

知恵がついてきた頃に生える歯、という説もあるみたいですね!

以上、親知らずが後1本残っている林でした!

「親知らず フリ...」の画像検索結果

2017/01/20
インフルエンザ予防と歯磨き

林です。毎年ですが、インフルエンザが猛威を振るいますよね。

皆さまは大丈夫ですか?

インフルエンザのウイルスは気道の粘膜に付着して増殖していきます。

粘膜は通常、タンパク質の膜で覆われています。

しかし、口腔内にある 『プロテアーゼ』 という酵素がタンパク質の膜を壊し、ウイルスの侵入を手助けしてしまうのです。

この 『プロテアーゼ』 という酵素はお口の中の細菌が作り出しています。

なので、歯磨きをして、口腔内の細菌の量を減らす事が出来れば、

『プロテアーゼ』 も作られにくくなるので、予防に繋がるのです!

インフルエンザ風邪イラスト

2015/11/06
ペットを飼っている方へ

アメリカでニュースにもなりましたが、

おうちで飼われているペットの犬がキシリトールガムを食べてしまい、

中毒症状に陥ったという事故がありました。

人間が虫歯予防などでキシリトールを摂取しても全く問題ないですが、

犬はキシリトールに耐性が無いので容易に中毒症状に陥るそうです。

猫に関してはわからないそうですが、注意してください。

中毒を起こす場合は、ほとんどが30分以内だそうです。

低血糖の症状である、意識低下、脱水、昏睡、けいれんなどがおこったら、

すみやかに獣医師さんへかかりましょう。

2015/10/13
レーザー治療

歯科でもレーザーを使った治療があります。

エネルギーを持った特殊な光を患部に照射して、患部を殺菌、止血をしたり、

炎症を和らげたり、治癒を促進したりします。

レーザーもいろいろな種類がありいます。

成田歯科医院ではEr:YAGレーザーを使用しています。

2015/10/09
先天性欠如歯

本来、永久歯(大人の歯)は28本(親知らずを入れると32本)あります。

しかしながら、2007年に日本小児歯科学会が大規模調査をおこなった結果、

約10人に1人は生れつき永久歯の本数が少ない「先天性欠如歯」であること

がわかりました。

知らずにそのまま大人になると、歯科治療が必要になった際に難しいこともありますので、

早期に発見することが大事です。

小児のころからの定期的な検診を受けましょう。

2015/10/07
口腔ケアで認知症を予防

よく噛んで食事をするということは脳を活性化します。

自分の歯がほとんどなく義歯も使っていない人は、

自分の歯が20本以上ある人に比べて、認知症を発症する危険が

1,9倍になります。

今から、定期的な検診を受けて自分の歯を守りましょう!

2015/10/06
バランスのよい食事が赤ちゃんの歯を丈夫にします

乳歯が生え始めるのは生後7,8カ月ごろからですが、

歯のもととなる「歯胚」は妊娠2カ月ごろから作られます。

赤ちゃんの歯を丈夫にするには、カルシウムを連想する方も多いと思いますが、

たんぱく質やビタミンA,C,Dなど様々な栄養素が必要です。

2015/10/05
妊娠中はむし歯や歯周病にかかりやすくなります

妊娠中はむし歯や歯周病にかかりやすくなります。

これは「お腹の赤ちゃんにカルシウムをとられる」からではありあません。

本当は、

・女性ホルモンの急増によって、歯周病菌が増える

・唾液の分泌量が減り、お口の中が汚れる

・不規則な食習慣になる

・つわりなどにより気分が悪くなり、歯磨きがおろそかになる

といった理由が挙げられます。

  • 1

月別アーカイブ

無料メール相談

無料メール相談

このページの上へ