院内感染予防について

院内感染予防 2014年5月18日の読売新聞に、
「歯を削る機械を、7割の歯科医院が使いまわしている」
という時期が掲載されました。

「えっ!?そんなに多くの割合の歯科医院が使いまわしているの?」

と、ショックを受けられたかも知れません。しかしそれが現在の歯科業界の現実なのです。

院内感染予防 “タービン”と呼ばれる歯を削る医療機器は、内部の構造が非常に複雑で、簡単に滅菌が出来ないという理由もあり、7割の歯科医院が使いまわしているという現状があります。

しかし、当院は患者様に安心して治療を受けて頂きたいという強い思いから患者様毎にタービンを滅菌しております。ご安心下さい。

その他、当院では、院内感染対策として、以下の取組みを実施しています。

1. 手袋は必ず交換しています

院内感染予防 「え!?手袋も使いまわしているの?」と驚かれるかも知れませんが、そのような歯科医院は決して少なくありません。

しかし当院では患者様毎に新しい手袋に付け替えて診療しておりますので、ご安心下さい。

2. 高性能の滅菌器を導入しています

院内感染予防 通常の歯科医院ではオートクレーブと呼ばれる高圧蒸気滅菌しか導入していませんが、当院ではオートクレーブ以外にガス滅菌器や薬液滅菌など、様々な滅菌が出来る環境になっています。

そうする事で、より清潔な器具での治療が可能になります。

3. 超音波洗浄器を導入しています

院内感染予防 滅菌をする前に、ただ単に洗うだけでは取れない汚れを落とすために、超音波洗浄器を使っています。

4. 使い捨て製品を積極的に使用しています

院内感染予防 前述した手袋、エプロン、コップは使い捨て製品を使用しています。

今後も「もし自分が患者だったら、どんな環境で治療を受けたいか?」を考え、より清潔な環境を創り上げたいと思います。

5. キレイな院内を心掛けています

院内感染予防 歯や入れ歯、仮歯を削る際“粉塵(ふんじん)”と呼ばれる「削りかす」が舞います。削りかすには汚れや細菌が付着しており、それらが空気中に存在していると、清潔な空間とは呼べません。

当院では各チェア毎に「口腔外バキューム」という粉塵を吸い込む機器を導入し、より清潔な空間創りを心掛けております。

無料メール相談

無料メール相談

ページの上へ